2015年07月23日

香水の便箋

別人の単位は、古い古い教えたい新しい友自分の新しい住所。電話しますか。メール?――私にもしたくない。秋になるかもしれない、人は少しレトロ。懐かしい歌、古くからの友人、懐かしいあの携帯は、常人と携帯電話も持っていない時間。その時点で――私たちはいつも手紙を書き長編小説、手当たり次第絵に数筆を挟んで、一枚の花びらは漫画。しかし今日、この情報の感触も敏感な時代、手紙を書くかどうか、つむじ曲がりすぎてあまりに贅沢――?

私がためらうへ店、女将を捧げていっぱい便箋情熱の私に选。ふくよかなにおいがして、紙いっぱいに付くかわからない、私はいつか私たちのすっぴんの便箋はうちにこんなきららか?漫画の熊、暖かい祝福のそれもあなたのために用意した。私は困難な答:一番簡単なのか?そんな何もないの?女将歉然:今手紙を書くのは十数歳の男の子の女の子、誰もそんな便箋ですか?私は私の時代遅れ恥ずかしかった、自分の好みの本が一番地味な、急いで歩いた。水紋の便箋に、一匹の兎衝おとなしく私裂口、串を花に書いて:こんにちは、お元気ですか?

昼ごろに一人で座って事務室に直面している美しい本の香水便箋、万年筆は私の手の中でうろうろして、ずっと落ちていないで1つの字。分からないから誰ですか?も知らない何を言うべきですか?私がこの便箋にあれらの私と同じように素樸な友達が私達と同様に素樸な友情、あまりにも豪華。

そこで、毎日出勤して、引き出しを開けて、私はいつもおなじみの香りで、おとなしく兎はいつもビジネスライクな僕に微笑む:こんにちは、お元気ですか?私の友達、あなた達は良いですか?は1通の手紙を書いて、秋には私はあなた達を懐かしむ時がやってきますか?  


Posted by jpb at 18:46Comments(0)